基礎知識アレヤコレヤ

リサイクルの基礎知識

わからない、これで大丈夫?
知ってるようで知らない、リサイクルのこと

「家電製品が壊れてしまった」、「引っ越しで古い家電を処分したい」…そんなとき、処分の仕方がわからなくて困った経験はありませんか?

不要になった家電などを処分する際には、守らなければならないルールがあります。

「壊れたテレビは不用品回収に出しても大丈夫?」「パソコンを安全に処分する方法は?」など、大型ゴミや家電の捨て方について疑問や不安を持たれる方が多いようです。そこで、正しく安全な処分法や、リサイクルの基礎知識をまとめてみました。

家電リサイクル法って何?

「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫・冷凍庫」、「洗濯機・衣類乾燥機」を廃棄処分する際には、消費者がリサイクル料金を負担しなくてはなりません。それを定めているのが「家電リサイクル法」です。

一般家庭で使われなくなった家電製品は、そのほとんどが粗大ごみとして埋め立てられてきました。しかし、埋め立て地には限界があること、そしてこれらの家電製品には再利用できる資源がたくさん含まれていることなどから、廃棄物を減量しながら資源リサイクルを促進するためにつくられたのが「家電リサイクル法」で、2001年に施行されました。

家電リサイクル法の対象となるのは「エアコン」、「テレビ」、「冷蔵庫・冷凍庫」、「洗濯機・衣類乾燥機」の4品目。

◆家電リサイクル法のしくみと、役割分担

・消費者(使った人)=リサイクルの費用負担
廃棄する家電を「購入した店」や「買い替えをする店」に引き取りを依頼。リサイクルに必要な費用を負担します。業者から家電リサイクル券を購入、回収に運搬費がかかる場合は負担します。リサイクル券に必要事項を記入し、引き渡し時に控えを受け取ります。回収された家電のリサイクル状況は、控えに記載の番号からホームページなどで確認できます。
https://rkc-bu-in3.rkc.aeha.or.jp/plsql/rkc_web/p_kt330080

・小売店(売った人)=製品を収集・運搬する義務
消費者から依頼を受けた小売店は、使用済み製品を引き取り、家電メーカー等に引き渡します。

・メーカー(つくった人)=製品を引き取り、リサイクルする義務
小売業者などから対象機器を引き取り、資源として使える素材を分別するなどリサイクルを実施します。

小型家電リサイクル法をご存じですか?

2013年4月から「小型家電リサイクル法」が始まっています。「小型家電」とは、ご家庭の電気や電池で動く製品のこと。携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、パソコン、ドライヤー、オーブントースターなど、身の回りで使われている電気製品の多く*が「小型家電リサイクル」の対象となります。

市区町村の役所や家電小売店などの協力店に回収ボックスが置かれ、小型家電リサイクルの取り組みが全国に広がっています。

小型家電は「都市鉱山」

小型家電には、鉄、アルミ、金、銀、銅、レアメタルなどの、貴重な金属が含まれています。日本で1年間に使用済みとなる小型家電は約65万トン。その中に含まれる有用な金属は28万トンで、金額換算ではなんと844億円分。まさに、“眠れる希少資源”で、そのため「都市鉱山」とも呼ばれています。一方で、小型家電には鉛などの有害な物質を含むものもあるため、適正な処理を行わないと、環境を汚染する可能性があります。

つまり、「貴重な資源の確保」と「環境保全」の両面から、「小型家電リサイクル」が求められているわけです。

ご家庭にあるこれらの製品は、どれも「小型家電」。
使用後はリサイクルを求められています。

イラスト出典:環境省ホームページ

広島市でも市内11ヵ所の回収ボックスや家電量販店店頭などに回収ボックスが置かれ、小型家電リサイクルの取り組みが進められています。
丸本鋼材は、㈱リーテム(小型家電リサイクル認定事業者)の指定事業者として、収集運搬・中間処理を受託しています。
(指定地域=広島県・山口県・島根県)

当社の小型家電回収への取り組みについては、こちらをご覧ください

中区役所、東区役所、南区役所、西区役所、安佐南区役所、安佐北区役所、安芸区役所、佐伯区役所
(区役所は全て1Fフロア)
広島市立大学(本部棟1F)、ゆめタウン広島・ゆめタウンみゆき(いずれも1Fサービスカウンター付近)