事業概要

小型家電の回収について

2013年4月から、小型家電リサイクル法(*1)が施行されています。

小型家電とは、家電リサイクル法で定められた家電4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)以外の全ての電子・電気機器を指します。家庭や企業で使われなくなった携帯電話やパソコン、プリンター、デジカメ、ゲーム機などが法律の対象です。

国内では年間約65万トンの小型家電が使用されなくなっていますが、その中には844億円分もの貴重な金属が含まれています。回収・リサイクルの促進により、従来埋め立てられてきたこれらの有用金属を再資源化することが同法の主なねらいです。

回収された小型家電は、国の認定を受けた認定事業者およびその指定事業者が手解体や機械により破砕。金属(金・銀・銅・鉄等)やプラスチックに選別し、資源として再生しています。当社はこれまで蓄積してきた金属リサイクルのノウハウを活かし、有害物質は適切に管理をした上で、小型家電リサイクルに積極的に取り組んでいます(*2)。

*1 小型家電リサイクル法
法のねらい ①資源確保 ②有害物質管理 ③廃棄物減量化( 埋め立て削減)

*2 当社は、㈱リーテム( 小型家電リサイクル認定事業者) の指定事業者として、収集運搬・中間処理を受託しています。( 指定地域= 広島県・山口県・島根県)

イラスト:環境省「小型家電リサイクル」の告知パンフレット

環境省 小型家電リサイクルポータルサイト
http://kogatakaden.env.go.jp/
◆地域・リサイクルしたい品目から、お住まいの地域の小型家電回収ボックスを検索できます

“エコロジーマーケット・第13回環ッハッハ inよしじま”に出展。使用済小型家電の回収を行いました

2016年10月9日(日) 広島市環境局 中工場で開催された “エコロジーマーケット・第13回環ッハッハinよしじま” に、当社も出展しました。

イベントは、「人・動物・自然・地球の未来を想う “環”と“場”のマーケット」として開催されたもので、路上ステージライブ、リユース食器を使用した青空レストラン、エコ足湯、竹とんぼづくり体験など の楽しい企画が満載。 真っ青な秋空の好天にも恵まれ、家族づれなど多くの来場者で賑わいました。使用済み小型家電回収を行った当社ブースには、パソコンや携帯電話、ドライヤー、アイロンなど、多数の持ち込みをいただき、総回収量は2200kgを超えました。

現状は不燃ごみなどとして埋め立て処分等に回されているこれらの小型家電は、リサイクルが可能であること、適正な処理によって有用金属などを取り出し、再び社会に還元することで資源として再利用できることなどをご説明すると、多くの来場者が関心を示してくださいました。

当日は、市民によるフリーマーケットや、環境クイズラリー、家庭向け地球温暖化対策セミナーなども行われ、人・動物・自然・地球の未来について、ともに考える、和やかで賑やかなイベントとなりました。